稲刈り  体験

稲刈り  体験

羽島あすなろ会 主催の稲刈りに娘 孫と一緒に参加しました。

小学生を中心に約20名が参加しました。
曇り空で風もありまさに稲刈り日和。
約2時間 稲刈りをして稲架掛けをしました。

いい汗をかいた後はお茶とおにぎりをいただいて解散しました。

羽島あすなろ会は羽島市在住の70才前後の老人が集まって
明日の羽島のために何かしようという集まりです。

気持ちはあれども体が動かず
第一歩として子供さんを中心に米作り体験をしています。

来年もやる予定です。

江崎 忠男さんの写真
江崎 忠男さんの写真
江崎 忠男さんの写真

恒例 岐阜農業祭

恒例 岐阜農業祭

和牛の試食コーナーに並んでいますが
果たして食べれるか?

150人だそうです
どう思います?

画像に含まれている可能性があるもの:大勢の人、木、空、屋外、1人以上

f:id:e-san0417:20161023215552j:plain

f:id:e-san0417:20161023215616j:plain

彰元さんのつどい

垂井町 明泉寺にて
彰元さんのつどい

講演 中嶌 哲演様
同じ道をなお行くのか、
それとも

国策としての
戦争と原発

昔垂井にはずいぶん勇気のあるお坊さんがいらっしゃいましたね

江崎 忠男さんの写真
江崎 忠男さんの写真
江崎 忠男さんの写真

祖父江ワイルドネイチャー緑地    稲沢サンドフェスタ2016 砂の造形

 

f:id:e-san0417:20161023214330j:plain

f:id:e-san0417:20161023214405j:plain

f:id:e-san0417:20161023214356j:plain

f:id:e-san0417:20161023214342j:plain

祖父江ワイルドネイチャー緑地

稲沢サンドフェスタ2016 砂の造形展  というのが
10月16日までありました。
  http://www.inazawa-sandfesta2016.com/blank

私はつい先日知り合った人がここに出展したということを聞いて
18日昼頃見てきました。

祖父江砂丘というらしいです。
河川の砂丘は全国に4つあってここが一番大きいとか。
しかし砂丘はありませんでした。
散歩していたおじいさんに聞いたら
「わしの子供のころはここいら7一面砂地じゃったよ。
あれができてから砂地がぜんぶなくなってしもうた」
と馬飼頭首工 を指差しました。
https://www.google.co.jp/search…
砂地はなくなり草が一面に生えて樹木もずいぶん大きくなってジャングル状態です。

そして目当ての砂像はなななーんと今朝ブルトーザーで壊しました
だって

残念
小さいのが少し残っていましたが。

来年こそは見たいです

砂像というのは水で固めるのだそうです。
一度削るとあとからくっつけることができないので
一発勝負で作らないといけません。

江崎 忠男さんの写真
江崎 忠男さんの写真
江崎 忠男さんの写真
江崎 忠男さんの写真
江崎 忠男さんの写真

白川郷 どぶろく祭り 

白川郷に着きました。いまからどぶろく祭りです。
楽しみだなー

f:id:e-san0417:20161023213334j:plain

f:id:e-san0417:20161023213344j:plain

f:id:e-san0417:20161023213406j:plain

f:id:e-san0417:20161023213445j:plain

f:id:e-san0417:20161023213502j:plain

f:id:e-san0417:20161023213527j:plain

f:id:e-san0417:20161023213613j:plain

f:id:e-san0417:20161023213630j:plain

 

VAVクラブ の報告

VAVクラブ の報告

VAVクラブはかっては名古屋一の異業種交流会でしたが
主催の近藤昌平さんが東京へ移住されていまでは残った人たちで
ほそぼそと早朝勉強会だけやっています。

会費はなくて参加するときのみ3000円です。
毎月第三火曜日
朝7時30分から9時くらいまでやってます。

会場は名鉄グランドホテル18Fのバイキングレストランです。

毎回10名程度の異業種のみなさんが参加されてます。
毎回講師を呼んで珍しいお話を聞きます。
もしも参加されたい方は私までメッセージをください。

今月は20日火曜日にありました。
非常に珍しい廃棄物処理装置のご紹介でした。
以下は幹事の深津 正一(マディー)様からの報告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
VAVクラブ関係各位

 台風が接近する中、危ぶまれましたが午前中はそれほど雨も降らずに済み、9月度の朝食会が開催されました。今月は平下さんの紹介で、すばらしい装置を開発された(株)ASK商会の小林靖典さんがスピーカーです。

小林さん:小林です。実は名古屋市出身です。エネルギー関係の仕事から、IBMのエンジニアを経て、今の(株)ASK商会に入りました。出身大学の東京工業大学の博士後期課程にも在籍し、今日お話しする装置の研究もしています。

 ご紹介するのは、無公害で低コストのゴミ処理技術、次世代型廃棄物処理装置ERCMです。これはEarth・Resource・Ceramic・Machineの頭文字を取って付けました。
基本的特徴は、可燃性廃棄物を熱分解して、セラミック状の粉末に転換する炉です。
一般的な焼却処理と違い、補助燃料が一切不要。4t/日の装置でランニングコストは、月約5万円の電気代。(低コスト)  そして高い減容率1/100から1/500に減容。(一般的な焼却炉では最新の物でも1/10から1/20)  煤塵が出ず、飛散しない。ダイオキシン類・NOx類が非常に少なく無公害と言えます。
またね炉内気圧はほぼ大気圧と同じで、爆発の危険性は無い。炉内温度もほんの一部以外は100土前後、壁外温度は触れられるほど。(15mmの鉄板でできている。)
危険性が低いために、夜間無人運転が可能で、作業はほぼ廃棄物を投入作業(連続投入で止めずに出来る)のみで、人件費が最小限で済む。直接最終処分ができ、残渣は完全再利用が可能。
厨芥・下水汚泥・糞尿など水分が多い物から、感染性医療廃棄物、SR/ASR・廃プラなど、直接投入も可能で、混在していてもOK。
大きさは、名古屋市守山にある玉三屋食品さんの食品加工工場(見学可)に5t/日の装置で、20m立方。200Kg/日だと、自動車の駐車スペース分くらい、車のハイエースサイズ位。
「廃熱や有毒排気ガス・騒音・振動を出さずに処理。」「燃料を使わずに可燃性廃棄物を無機化し劇的に減容」するERCMの仕組みは、乾燥・熱分解しセラミック状の粉末で排出。

何とも不思議な装置ですが、イオンと遠赤外線が大きく作用しているようです。ただ、法律が、産廃など細かく決められていて、あれもこれもとすんなりいかないのも事実だそうです。200Kg/日サイズで1500万円程と設備投資費がいるので、画期的な装置なのに、まだまだ普及が進んでいません。残食品やゴミ減量は、これからの関心事です。
法律を整備し、この装置が広まることを期待しています。
大変有意義な装置の紹介、小林さんありがとうございました。

VAVクラブ世話人:マディー深津

VAVクラブ の報告

VAVクラブ の報告

VAVクラブはかっては名古屋一の異業種交流会でしたが
主催の近藤昌平さんが東京へ移住されていまでは残った人たちで
ほそぼそと早朝勉強会だけやっています。

会費はなくて参加するときのみ3000円です。
毎月第三火曜日
朝7時30分から9時くらいまでやってます。

会場は名鉄グランドホテル18Fのバイキングレストランです。

毎回10名程度の異業種のみなさんが参加されてます。
毎回講師を呼んで珍しいお話を聞きます。
もしも参加されたい方は私までメッセージをください。

今月は20日火曜日にありました。
非常に珍しい廃棄物処理装置のご紹介でした。
以下は幹事の深津 正一(マディー)様からの報告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
VAVクラブ関係各位

 台風が接近する中、危ぶまれましたが午前中はそれほど雨も降らずに済み、9月度の朝食会が開催されました。今月は平下さんの紹介で、すばらしい装置を開発された(株)ASK商会の小林靖典さんがスピーカーです。

小林さん:小林です。実は名古屋市出身です。エネルギー関係の仕事から、IBMのエンジニアを経て、今の(株)ASK商会に入りました。出身大学の東京工業大学の博士後期課程にも在籍し、今日お話しする装置の研究もしています。

 ご紹介するのは、無公害で低コストのゴミ処理技術、次世代型廃棄物処理装置ERCMです。これはEarth・Resource・Ceramic・Machineの頭文字を取って付けました。
基本的特徴は、可燃性廃棄物を熱分解して、セラミック状の粉末に転換する炉です。
一般的な焼却処理と違い、補助燃料が一切不要。4t/日の装置でランニングコストは、月約5万円の電気代。(低コスト)  そして高い減容率1/100から1/500に減容。(一般的な焼却炉では最新の物でも1/10から1/20)  煤塵が出ず、飛散しない。ダイオキシン類・NOx類が非常に少なく無公害と言えます。
またね炉内気圧はほぼ大気圧と同じで、爆発の危険性は無い。炉内温度もほんの一部以外は100土前後、壁外温度は触れられるほど。(15mmの鉄板でできている。)
危険性が低いために、夜間無人運転が可能で、作業はほぼ廃棄物を投入作業(連続投入で止めずに出来る)のみで、人件費が最小限で済む。直接最終処分ができ、残渣は完全再利用が可能。
厨芥・下水汚泥・糞尿など水分が多い物から、感染性医療廃棄物、SR/ASR・廃プラなど、直接投入も可能で、混在していてもOK。
大きさは、名古屋市守山にある玉三屋食品さんの食品加工工場(見学可)に5t/日の装置で、20m立方。200Kg/日だと、自動車の駐車スペース分くらい、車のハイエースサイズ位。
「廃熱や有毒排気ガス・騒音・振動を出さずに処理。」「燃料を使わずに可燃性廃棄物を無機化し劇的に減容」するERCMの仕組みは、乾燥・熱分解しセラミック状の粉末で排出。

何とも不思議な装置ですが、イオンと遠赤外線が大きく作用しているようです。ただ、法律が、産廃など細かく決められていて、あれもこれもとすんなりいかないのも事実だそうです。200Kg/日サイズで1500万円程と設備投資費がいるので、画期的な装置なのに、まだまだ普及が進んでいません。残食品やゴミ減量は、これからの関心事です。
法律を整備し、この装置が広まることを期待しています。
大変有意義な装置の紹介、小林さんありがとうございました。

VAVクラブ世話人:マディー深津